筋トレで一番大事なのは筋肉をほぐす作業

筋トレで一番大事なのは筋肉をほぐす作業

筋トレするうえで必要とされること、まず筋肉について理解することです。

 

 

どの運動をすることによってどこが鍛えられるのか、どれだけの負荷を与えるべきなのかを理解することが大事です。筋トレはバランスよく鍛えることが大事です。そのうえで自分で管理できるかどうかというのは特に大事になってきます、まずは知ることから始めるのがいいです。その次に続けることです、毎日の積み重ねが筋トレにおいては大事で、筋トレの結果が体に現れるのは3か月後ともいわれています。もちろんやめてしまうと結果は出ません。毎日決めた量のトレーニングを続け、少しずつ負荷を強くすることを心がけましょう。ですが、筋肉を休めることもしてください。

 

 

僕のおすすめは週に1日休ませることです。トレーニングとは筋肉に負荷を与えて壊すことで、負荷を与えて壊れた筋肉の細胞はより強く作る作業といえます。そのうえで超回復といって、つぶれた筋肉を休ませることによって強い筋肉が作られるので休む時は休むことを心がけてください。そして一番大事なことですが筋肉をほぐす作業です。

 

 

トレーニングや練習する前ストレッチで筋肉をほぐします。これはほぐしてけがを防ぐために必要なことです。怪我をしてしまうと続けることができないということもありますが、なにより運動するうえでしなやかに動けないことにはいいパフォーマンスが生まれません。大きくかつしなやかな筋肉こそ理想的な筋肉なので、トレーニング前のストレッチ、終わった後のストレッチを大事にしてください。最後に生活面です。私はお風呂と食事を気を付けていました。最後の仕上げともいえます。筋肉に疲労を残さず次の日に移るために暖めそして水風呂で冷やすことが大事です。エンジンのようなものと考えてください。

 

暖めれば動きやすいですがその分消費します、冷やせば動きにくいですが消耗しません。食事においてはバランスを考え体に必要な分を摂取してください。筋トレとは時間と体力と神経を使います。ですが苦労した分間違いなく結果としてかえってくるので毎日積み重ねてください。