食べると肌に潤いやハリが出てくる野菜や果物

食べると肌に潤いやハリが出てくる野菜や果物

食べると肌に潤いやハリが出てくる野菜や果物はたくさんあります。

 

例えばリンゴです。

 

リンゴはポピュラーな果物ですが、リンゴペクチンという食物繊維をたくさん含んでいます。リンゴペクチンはビフィズス菌を増やしたり、便が硬くなるのを防いだりする効果があり、便秘が解消すれば肌荒れも改善します。血糖値の上昇を抑制して脂肪が蓄積しにくくなるので、デザートにピッタリな食べ物です。

 

またリンゴポリフェノールはカテキンやケルセチン配合体、プロシアニジンなど複数のポリフェノールで構成されています。抗酸化作用があるポリフェノールはシミやシワなど肌の老化現象を遅らせることができます。リンゴにもビタミンCが含まれており、美白やコラーゲンの生成に関わっています。ビタミンCは熱に弱いなど破壊されやすい性質を持っていますが、リンゴが含んでいるのは酸化型ビタミンCという壊れにくいタイプなので、加熱してジャムやアップルパイなどにしても栄養素を摂取できます。

 

次にめかぶも美肌に効果があります。

 

めかぶは8世紀始めには食べられることが分かっていましたが、処理が面倒だからと捨てられてきました。一般家庭の食卓に並ぶようになったのは最近のことですが、めかぶに含まれるヒアルロン酸ムコ多糖類には、肌を潤わせる効果があります。ヒアルロン酸ムコ多糖類はスキンケア用品にも配合されることがあり、食事でも摂取すれば肌を内側からケアできます。めかぶがネバネバしているのは、アルギン酸が含まれているためです。天然の食物繊維と呼ばれており、免疫力を高めたり有害物質を排出したりします。

 

排気ガスなど日常生活では様々な優雅物質を体に取り込んでおり、それが吹き出物やシミなど肌に悪影響を与えていることもあります。めかぶを食べれば体の中から綺麗になります。美肌を目指す人は、脂っこい食事を避けますが、肉類を全く食べないのも問題です。肌はタンパク質でできており、肉類は豊富なタンパク質源です。

 

タンパク質をきちんと摂取することで、ダメージを受けた肌を修復しきれいにすることが可能です。肉類の脂肪分が気になる場合は、ささみ肉を食べると良いです。ささみにはタンパク質だけでなく美肌に効果的な栄養素が含まれています。ビタミンAは肌の潤いを保ち、ビタミンB2は肌のターンオーバーに必要な栄養素です。

 

ささみはカルシウムも多く、肌にハリをもたらします。パントテン酸というビタミンB群の一種は、ビタミンCの働きをサポートします。パントテン酸を十分に摂取しないとビタミンCがコラーゲンを生成することはできないので、美肌のために摂取しなければなりません。タンパク質を摂取できるのは卵も同じですが、さらに卵は女性ホルモンの材料にもなります。女性ホルモンであるエストロゲンは、女性らしい体つきを作る作用があり、十分に分泌されると肌に潤いやハリが出てきます。ホルモンバランスが乱れている女性には欠かせない食べ物です。

 

 

バランスよく健康に良い食べ物を摂取するなら優光泉を飲むようにしましょう。